人が辞めない理由の3つ《1つめ》

現在、4年目となる、うちのサロンですが、

2店舗12名です。

 

4月からは、新メンバーを入れて、16名となります。

 

今までに、1名だけ、地元への里帰り出産による、退社のスタッフがいます。

 

他はゼロとなります。

 

今回は、

 

《辞めない理由とは何か?》

 

という話をしたい訳であって、

 

こんなことしました!みたいな話では、ありませんので、

 

先にお伝えしておきます。

 

 

辞める理由の1番は《人間関係》

 

もうこれは、圧倒的ですが、

 

何をどうこうしたからと言って、

 

完璧カバーすることは、不可能だと思います。

 

ですが、僕はある法則があると思いました。

 

 

1強をつくらない。

 

これに限るのかなぁ。と思います。

 

1強とは、

 

  • 権力が圧倒的に強い
  • 売上が圧倒的に高い

 

この2つが特に当てはまると思っています。

 

1つめの、《権力が圧倒的に強い人》とは、

 

店長や、プレイングオーナーなど、

一般的に、決定権強く持っている人が特にそうなります。

 

特に僕は、プレイングオーナーとして、権力が1強になりやすく、気をつけないといけないポジションにはなります。。

 

 

1強を作ると、不協和音が生じやすい。

 

先程挙げた、2つめの《売上が圧倒的に高い人》に関しては、

 

何人かで売上が高い状態を作れば、

そこまで、問題は無いように感じます。

 

売上において、

 

1強となってしまったも、

1強を生んでしまった組織も、

 

どちらも、現場に流れる空気には気をつけないといけないということです。

 

 

誰かが窮屈に感じたら、1強の可能性も。

 

僕は、普段から、その危険性を常に意識しています。

 

先程の決定権において、大きな力を持つタイミングの時、

 

プレイングオーナーである以上、様々なところで、この様なタイミングが訪れます。

 

一番気をつけなければ、いけないのは、

そこに窮屈気持ち抱く人がいないかどうかです。

 

ですが、それを恐れるばかりに、伝えたいことをしっかりと伝えないのは、

これまた本末転倒なので、

 

しっかりと伝えるべき内容は、伝えるようにしていますが、

 

またそれを受け取る側も、お互いがお互いを理解し合い

場を上手く進めていく必要があると思っています。

 

 

売上で1強だと、雰囲気が。権力で1強だと、気持ちが。両方注意するべきところ。

 

簡単なのは、1強をつくらない。ことですが、

 

組織である以上、それは少し難しいことでもあると思うので、

 

作られてしまったときの、人間関係歪みの僅かな変化に気付けていれば、

 

もしかしたら、最悪人が辞める。という、

決断までに、いく前に、なんとか出来るのかもしれませんね。

 

 

ですが、まずは、ウチは1強に成り得る可能性を出来るだけ、無くすことに、努めたいと思っています。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。