週休3日制×美容師という考え方

 

最近、働き方改革で、週休3日制を導入する企業も出てきましたね。

 

佐川急便やヤフー、ユニクロなど大きな企業を始めとして、動き始めてきていますが、

 

週休3日制は、『選択肢あり』でなら、美容業にはおすすめ

 

お客様が来てくださって、初めて仕事が出来る美容師ですが、

 

以前から、

仕事の効率化=人時生産性の向上

には、

 

僕自身、強く、ウチのスタッフみんなに、伝えてきていることでもあります。

 

自らの仕事の質を見極められる一つの手段として、

 

個々それぞれによる、週休3日制の導入もありなのだろう。と思います。

 

 

そもそも、『技術職』である美容師が休み優先で考える必要があるのか。

 

この仕事が好きでなければ、続けられないと言われる美容師であるからこそ、

 

まずは、仕事の中身の質を良くして、

美容師としての働き方を深く考えた先に、

 

週休3日制があっても良いのだろう。と思います。

 

増えた『休み』を何に使うか。

 

休みが増えたら、

  • プライベートを充実させる
  • 趣味に没頭する
  • とにかくボーとする
  • 家族や友人、恋人と過ごす

 

など、色々な可能性が広がりますが、

 

それは、やはり日常の仕事にやりがいがあってこそ、

『休みが嬉しい』わけでもあると思いますので、

 

それぞれの考え方にもよるとは思うのですが、

 

『休み優先』で仕事を考えてしまうのも、なんだか得られる喜びも少ないのかなぁと思ってしまいます。

 

結局のところ、

週休3日制は、響きはとても魅力的で、

働き方としては、ワークライフバランスもしっかり取れるので、

 

あとは、その中での、収入面や、心理的なバランスなども考慮して、

実現していくのは、大いに賛成だと思います。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。