美容師に副業は必要か。

 

僕の働き方の考え方に、まだまだ『副業』というものが、

しっかりと定まっていません。

 

というより、人によっては、

副業をすることによって、

 

  • 相乗効果を発揮できる人
  • どっち付かずで中途半端になってしまう人

 

のどちらかに当てはまると思うからです。

 

アシスタントのうちは美容に打ち込んだ方が絶対に良い!

 

もし、ウチのスタッフで、美容師とは別に、

違う仕事の可能性を見つけたい人が出て来たら、

 

否定はしませんが、まずは、

 

『休みの日にやってみたら?』

 

と伝えます。

 

それは、自分自身の本気度が、そこでわかるからです。

 

休みの日を使ってまでも、本当にやりたいことなのか。

学びたいことなのか。

 

を自分で確認してもらう為です。

 

ですが、もし、アシスタントの子が副業を希望するのであれば、

少し考えますが、

 

せっかく色々と先輩から教えてもらえる時期に、

美容に集中出来ないのは、今後の成長も含めて少し勿体ないと思うので、

 

僕自身も返答には十分に考慮して、伝える必要があります。

 

スタイリストになり、お客様から支持してもらえるようになったら、副業は考えても良いと思う。

 

これから働き方を考えていく上で、

 

決まったレールの上で頑張っている人ほど、結果が得られにくくなる。

 

と思っています。

 

お金をもらう為の副業ならば⇨本業で頑張るべき。

 

ですし、

 

自分の可能性を広げる為の副業である。

 

ならば、大いに賛成です。

 

美容師であることに不安や迷いを感じたら、『副業』という形で客観的に見ることもできる。

 

ここが僕の中で一番良い副業の利用の仕方だと思っています。

 

手に職の美容師であるからこそ、

こだわることも必要であり、技術を追求し続けることも大切なので、

 

その時に、人によっては、

 

『あれ?もしかして、この仕事向いてないのかな。。。』

 

と思い込んでしまう時期もあると思うのです。

 

 

今まで頑張って築き上げてきた経験・努力を方向性の違いだけで手放すのは勿体ない。

 

もし、美容師という方向性に少し疑問を感じたら、

 

その時こそ、週2日になってでも、僅かながらでも、美容師を続けていける環境を用意してあげたいと思っています。

 

別の可能性に興味が湧いて、そこに熱意が生まれてしまうのであれば、

美容師を副業にしたって良いと思います。

 

それよりも、今まで頑張って築き上げてきた努力や時間

 

そのひとつの想いで、全てを切り離して考える必要がないと思うからです。

 

美容師にとって、もし副業を選択するのであれば、、、

 

僕が考えるには、

  • 新しい自分自身の可能性を見つけ、相乗効果を生める働き方
  • 今の道に疑問を感じ、客観的に一度立ち止まって、考えてみたいときの働き方

 

の2つが、副業のあるべき姿なのかなぁと思います。

 

なんでも、手を出し過ぎると、うまくいかないことも多くなります。

 

ですが、副業が大きな分岐点として、良い方向に進めるのであれば、

 

ウチの会社では、どんどん副業に関しての方向性を密に考え、

 

具体的に、実現できたらなぁ。と思っています。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。