伝え方の上手い人は、伝える努力を惜しまない人なのかも。

 

先日、税理士さんとお話ししていて、気づいたことがあるので、こちらで、ご紹介します。

 

その税理士さんは、とても細かく教えてくれます。

 

ですが、気づいたのは、

 

《1つを10頭分にして、その10頭分にした1つを、また丁寧に教えてくれる》

 

のです。

ちょっとややこしい文章で申し訳ないのですが、

 

わかりやすいように言葉を噛み砕いて教えてくれるのです。

 

それだけで、『純粋にすごいなぁ。』と感心していました。

 

言葉を伝えたいなら、小学生でもわかる言葉で伝える。

 

意外と難しいんですよね。

 

特に、同じ環境にいる人同士だと、

この【わかりやすく】伝えることが、

 

『ここまで伝えなくても、わかるでしょ?』

 

と、噛み砕いて伝えることに対して、勝手に自分自身で手を抜いてしまうのです。

 

僕が仕事上で関わりたいと思う人ほど、言葉の選び方が丁寧でわかりやすかった。

 

最近、ふと気付いたのですが、

 

『この人となら今後も関わっていきたいなぁ』

 

と、仕事上で関係が常に続いている人ほど、

 

言葉の選び方が丁寧で、親切でした。

 

 

《信頼》は言葉の伝え方でも十分得られる

 

言葉足らずで誤解されることも多いと思います。

 

もっと細かく丁寧に伝えていれば、プラスにも転じていた内容が、

勿体無いなぁとも感じます。

 

それと同時にこの人は、本当に今伝えてる内容は、

 

『自分自身が理解出来た上で、伝えてくれているのかなぁ?』

 

と感じるようになりました。

 

 

理解出来てるからこそ、具体的に相手に伝えられる。

 

《なんでもできる人》って、しっかり具体的に言葉に出来るから凄いんだなぁと最近思う。

 

以前、↑の記事でも、書いたこともあるのですが、

 

やっぱり、

理解出来ているから⇨具体的にわかりやすく伝えられる。

のだと思います。

 

まずは、伝える前に自分の頭の中で、細かくさらに、細かくしてみる。

 

『もうそんなことわかるから、そこまで説明しなくていいよ!』

 

って相手が思うようになったら、とても良い感じですね。

 

もちろん、相手の時間もあるので、

どこまで、細かく伝えるかは、また話が変わりますが。

 

でも大切なのは、

何より具体的に伝えること

 

これに気付いてから、なるべく、僕もスタッフに対して、

わかりやすく細かく伝える努力をし始めているのですが、

 

本当にまだまだです。

 

いつか、自然に出来るようになるまで、気をつけて、話していきたいなぁと思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。