誰かに『任せられる』気持ちの作り方。

 

melt / emis 両店とも、

毎月、たくさんの新しいお客様がいらっしゃいます。

 

もちろん、それはサロンとしては、

とても大切で、嬉しいことなのですが、

 

 

僕はそれまでの

【初めての方が多く来てくれるようになる】までのプロセス

 

をとっても重要視しています。

 

 

そして、それは、

 

今現在、集客を担当するスタッフがしっかりと行動してくれているおかげで、

 

美容師として、とても良い環境が両店とも実現できています。

 

本当に有難い限りです。

 

 

『どうやったら、数ある美容室の中から、選んでもらえるのか。』を考えることから始まる。

 

これは、単純に、色々調べて、色々行動に起こしてみて、

さらに、また考え直してみて、

 

行動してみる。の繰り返しです。

 

 

つまり、最初の情報収集を怠ってしまった瞬間に、

 

その後の可能性は、極端に狭まるということです。

 

最初の情報収集が密であればあるほど、

その後の『行動の幅』が広がります。

 

 

実は手間のかかることこそ、大切な情報であることが多い。

 

例えば、新しいお客様を呼びたいという思いのもと、

 

色々と試行錯誤していくわけですが、

 

最初のプロセス(調べること)を怠って、近道ばっかりを意識して、

 

ゴール(結果)を目指すことによって、

 

 

逆に、全く結果の出ないこともほとんどです。

 

 

僕はもともと、集客(新しいお客様をサロンに呼ぶ)業務にある程度の自信がありました。

 

その為、結果の出やすい近道を中心にスタッフに伝えている、時期もありました。

 

結果、それが、この後、書く、

努力が評価される楽しみ』を知らないまま、

 

スタッフが集客という業務に携わってしまう結果となってしまいました。

 

 

emisオープンを機に、あまり集客方面に携わらないようにしてきました。

 

 

ここ数ヶ月、あまり集客の方面に携わらないように意識をしていました。

 

それは、あまりにも僕自身が近道ばっかりを伝えるクセが出来てしまい、

 

それを求める環境になっていたのもあるからです。

 

つまり、

『この分野は、この人以外はわからない。』

 

という環境になる危険な一歩手前でした。

 

 

地道な努力が評価される楽しみに気付けると、活動が楽しくなる。

 

なんでもそうですが、

 

結果に結びつく為には、

 

小さなところからコツコツと

調べ行動し、改善し、その繰り返しの他ありません。

 

それが初めて認められて、

 

うちのサロンに、

初めてのお客様に来ていただけるきっかけになると思っています。

 

 

僕しかできないはずだった『分野』を誰かがそれ以上に行えるようになることが何より大切。

 

誰かが居なくなって、空いたポジションには、誰かが必ず入る。

 

以前、↑こちらの記事でも、少し書いたことがありましたが、

 

やっぱり、何かを全て一人がこなすより、

 

多くの可能性を信じて、新しい方向性に気付くこともとても大切なので、

 

業務の新陳代謝』の意味も込めて、

 

新しいそれぞれの得意分野がどんどん、どんどん、

スタッフの中で増えていってくれるとさらに、嬉しいなぁと思っています。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。