仕事が苦痛に感じてしまったら。

 

僕は、組織論などの本を読むのが好きなので、

こういう内容の記事が多めになってしまいますが、

 

もし、

  • 仕事が苦痛に感じてしまっている方。
  • 仕事内容が窮屈になってしまっている方。

 

は読んでみてもらえると嬉しいです。

 

もしかしたら、美容師などの接客業の方にしか、該当しないかもしれませんが。。。

 

 

仕事がつらい。と感じるのは、『他人のやり方』で仕事をさせられているから。

 

 

僕はひとつに、これがあると思いました。

 

要するにそれだと、『仕事が楽しくない。』わけです。

 

特に、美容師の世界では、数字実績として、

目に見えてわかるものでもあります。

 

それを達成する為に仕事として、

経験値の高い人が一方的に『自分のやり方』を実践するように要求してくることがあります。

 

 

では、それ(その人のやり方)とは違う別のやり方で、結果を出せるか?または、説明できるか?

 

これは、良く問われることだと思うのですが、

 

僕はこの質問こそ、全然、的を得ていないと感じています。

 

この質問には、結果を求めて、急ぎすぎているようにも感じます。

 

大切なのは、結果より、プロセスなわけで、

 

そこに至るまでに何をどう考えて進んでいったのか?

 

だと、思っています。

 

 

これからは、自分がどう解決していくのかを考えて、関係性の近い、前向きな人にアドバイス(助言)をもらいスタートさせていく

 

今回、伝えたかったのは、本当はここです!

 

何事も自分が考え、行動することに意味があり、

しかし、相談し、アドバイスもらうことも

同じように重要です。

 

 

以前、記事でも書いていますが、

 

僕が思う、組織で大切なことは、、フラットな関係性です。

 

出来るだけ、組織の中で上下を作らない。

 

横と斜めの関係を大切にする。

 

僕はこれがこれからの働き方に大きく関係すると思っています。

 

フラットな関係性が維持出来れば、

相談助言を求める人が作りやすい。という事です。

 

 

相談すべきは、フラットな関係性の人にする。

 

僕は今後の働き方の中で、

 

出来る限り、近い関係性の人に相談して、

アドバイス(助言)をもらって、スタートした方が良いと感じています。

 

2〜3人で構いません。

近い関係性の人に、これからやろうとしていることがずれていないか。

聞くだけで良いと思います。

 

 

全員に聞いても、誰か影響力のある人が言ってしまえば、それが正解にもなり得てしまうので、

 

フラットで関係性の近い、しっかりと内容を加味した上で、意見を伝えてくれる人に相談して、

 

自分意思でやりたいことを楽しみながら、仕事をした方が、

 

よっぽど価値があります。

 

 

自分で考え、実現してみたいこと、そして、楽しみながら出来ること』

 

で、結果を出していった方が

 

長い目で見れば、個人にも関わる人にも、良いことが多いのかなぁと思います。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。