やる気があるとか、ないとか。

 

最近、モチベーションについて、考えることが多くなりました。

 

[今やっていることが、好きかどうか。]

 

もうこれ一択だと思うのですが、

 

モチベーションを考える前に、まず、今、各々が取り組んでいることは、

好きなこと。なのか。

 

という大切な『問い』から始めたいと思います。

 

 

人から言われてやるのは、つまらない。

 

もし、自分で何かに取り組まなきゃいけないな、と思う時は、

 

まずは、自分がやりたいこと。から考えてみて、

 

それをにすることに、必死になることが大切だと思います。

 

決して、『誰かに言われたからやる』という、側から見て、つまらない人にならないように、

 

自分の軸はしっかり持って、

周りが認める結果を出すことが重要です。

 

 

方法論は聞いたって良い!

 

例えば、ゴールも決めて、やり方も決めて、

自分が取り組みたいものに進んでいた時に、

 

空回りして、逆に結果が出ないことがあります。

 

そんなときは、『方法論』を参考になる人から聞いて、

 

やり方の幅は、広げた方がうまくいきやすいと思います。

 

好きなことをカタチにするには、それなりの、『やり方』が重要だと思うのです。

 

 

好きなことを楽しんでやっている人は、側から見れば『やる気のある人』

 

結果、つまらないことを無理やりやって、

やる気が出る人なんて、かなり少ないでしょうし、

 

それならば、与えられた物事に関して、

 

好きなことを結びつけて、

結果、側から見て、『やる気のある人』になれば良い、だけだと思います。

 

せっかくの自分の時間を使って、行う取り組みであるのであれば、

楽しく、前向きに考えられる方が良いし、

 

考え方を変えれば、なんだって、自分のやりたい部分が見えてくると思います。

 

 

ですが、その際は、周りから認めてもらえる結果』は、

当然ながら、必須条件となりますが。。。

 

 

側からもプラスに見えて、自分にとってもプラスな時間の使い方こそ、

 

互いを認め合える環境を作れる、きっかけになれるんだと思いました。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。