手紙とDVD

 

年末に近付くと、大忙し作業が始まります。

 

もともと美容師の業界では、12月は繁忙期と呼ばれ、

1年の中では、特に忙しい時期になります。

 

ですが、僕はその12月に3つをしっかりと達成させることを重要視しています。

 

  • 2月の社員旅行の決定
  • 忘年会のお店選び
  • DVDと手紙の作成

 

 

です。これは、上から順番に達成していくのが、毎年の流れとなっています。

 

 

あるセミナーで聞いた、年賀はがきを使った、オーナーから従業員のご両親への1年のご報告

 

僕は、あるセミナーで、その登壇されていた、オーナーの方が、

 

『毎年、従業員全員の写真を親御さんに送っています。』

 

という一言に衝撃感銘を受けました。

 

 

当時、僕はまだお店を持っていませんでしたが、

純粋に良いなぁと思いました。

 

 

普段見れない部分だからこそ、お節介だとしても伝えていく。

 

僕は、お店を作ってから、まず第1に従業員の満足度とは、何なのか?

を考えていました。

 

ですが、あんまりわからないんですね

 

もちろん、僕のオーナーとしての気持ちも、

全てがスタッフみんなに伝わっているわけでもなく、

 

意外と思っているもの(内面的なもの)は、わからないものなんだなぁと、感じました。

 

これは、悪い意味ではなく、

 

人の気持ちを全て察するのは、とても難しい。

 

ということです。

 

 

なので、やっぱり伝えたいと思っているものは、積極的に伝えるべき。

 

そこで、お節介でも、ちょっと面倒くさいなぁと思われても、

 

僕がセミナーで感じた、『これは良いと思う』と思ったことを信じて、

やり続けてみようと思いました。

 

なので、僕は、この年末の忙しい時期でも、

せっせと、DVDを作成し、親御さんにお手紙を書くわけです。

 

どんな風に、伝わっているのかは、

想像するしかありませんが、

 

僕が、従業員であったなら、やってほしい!

 

という思いだけは、信じて、

 

今後も『お節介なお知らせ』は、続けていこうと思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。