4月1日から働き始める人たちへ

 

4月1日から、新卒生の入社メンバーが入ってくるサロンも多くあると思います。

 

今回は、

4月1日から入社してくる、美容師に向けて

 

ブログを書こうと思います。

 

 

理想と現実のギャップは、一旦置いておく。

 

最初に伝えたいのは、

憧れのサロンに入社できて、

または、

とうとう美容師というスタートラインに立てることを想像して、

 

期待に胸を膨らませているでしょう。

 

しかし、入社してから1ヶ月は、理想と現実のギャップは、必ず起こると、

事前に理解しておくことで、

心身ともに、とても働きやすくなります。

 

理想と現実のギャップとは?

 

代表的なものとして、

  • 思っていたより、身体が疲れる
  • うまくお客様と会話ができない
  • 出来ることが少なくて戸惑う

 

など、様々ですが、

 

美容学校を卒業して、すぐに、サロンワークに慣れる人は、そうそういません。

 

ですので、

出来ない自分に劣等感を感じることはありません。

 

 

どんな気持ちで1ヶ月を過ごしたら良いのか。

 

1番良いのは、自分の気持ちに素直になることです。

  • 思っていたより、体力面できつく感じたら、正直に先輩に伝える
  • お客様と会話出来なくても、まずは出来る技術を一生懸命する
  • 出来ることが少ないのは当たり前で、周りと比べない。そして、よく質問する。

 

特に、同期がいる場合は、互いを比べたがりますが、比べる必要は、全くないです。

 

入社1ヶ月でそこまで、美容師としての【差】がつくことは、一切なく、

自分のペースでとにかく、

《自分の心身のコンディションを安定させること》

 

だけに注力するのが1番おすすめです。

 

 

美容師の差がつくのは、質問力の違い。

 

とにかく最初は、

自分をゼロベースで考えて、とにかく吸収できるものは、吸収していった方が良いので、

そのためには、

【質問力】が圧倒的に大切です。

 

しかし、単純な質問だけしていると、質問を受ける側も疲弊してしまうので、

 

まずは、

  1. その質問をする前に、自分で調べて、見て、理解できることなのか
  2. それでもわからなければ、具体的に質問する

 

を繰り返してみると、とても良いと思います。

 

 

最後に。無理をしすぎない事。

 

最後に、入社したての【無理をすること】は、絶対にNGです。

 

もともと自分に甘い人は、頑張る必要がありますが、

最初は、誰でも緊張して力んでしまうもの。

 

とにかく、自分の心身のコンディションを整えること、だけに集中して、

 

まずは、1ヶ月をがむしゃらに過ごしてほしいと思います。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。