道を決めて欲しい人、増加中

 

今回のブログですが、

特に、誰かを批判するわけでもなく

 

単純に最近、多いなぁと感じた、あくまで個人的な内容となりますので、

 

『あ、その通りだなぁ』と思う方は、そのまま読んでもらって、

 

途中で、読んでで『いや、違うでしょ。』と思った方は、閉じてもらっても大丈夫です。

 

では、よろしくお願い致します。

 

 

【1】何をしたら良いか、教えて欲しい、導いてほしい。というアシスタントが増えた。

 

20歳〜21歳くらいで、アシスタント期間の大切な時期に、

 

何をしたら良いのかわからない。というアシスタントが増えてきたような気がします。

 

この先、どうなっていきたいのか、

 

その為に『今、何をしたいのか』など、

 

自分では答えが見つからず、道筋を求めているような子が増えた気がします。

 

 

 

【2】自分の美容師としての『強み』がいまいちわからない。

 

22〜24歳くらいの美容師で、

自分が美容師として、何を強みとして打ち出せるのか、見つからない。わからない。

 

という子も増えてきている印象です。

 

 

今を見過ぎて、未来が見えない。

 

一つ目の、導いてほしい。という意見の子に対しては、

 

まずは、今に余裕を持ってもらうことからスタートすることかなぁ、と思っています。

 

カリキュラムを進めることや毎日のサロンワークでの反省などで、

 

考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことは、たくさんあるとは思いますが、

 

例えば、休みの日に、しっかり自分で将来のことをゆっくり考えてみる。

 

そして、仕事の日でも、先を見越して、今を成長できるように

 

物事を判断できるようになれば、

とても、素晴らしいです。

 

 

 

美容師としての強みが見つからない人は、何に『ワクワク』しているか、考える

 

自分は、美容師として、何を強みにしていこうか。

と考えた時に、先輩の真似をしてみたり、憧れを求めすぎたりして、挫折してしまったり、、

 

まずは、普段、サロンワークをしていて、褒めてもらえること

 

やっていて楽しいこと

を思い出して、それを深めてみると、

 

自ずと、強みが見えてきます。

 

好きなものや、楽しいことの方が、絶対に上手くなるので、

そこを追求していけば良いと思います。

 

 

全ては自分できっかけを作って動いてもらう。

 

周りが色々とサポート方法を考えてみても、

 

結局は、自分がやりたいこと。が勝ちます。

 

なので、今回のブログのテーマでもあるように、

『自分は、この先、どうすれば良いですか?』

 

と本当に悩んでる人がいれば、

 

まずは、自分で、楽しいことや、周りから褒めてもらえることを、

 

頭の中にイメージしてもらい、

 

 

それを強みにし、

その為に、今を行動するのが良いと思います。

 

 

教育は、全て、丁寧にやり過ぎても、うまくいかず、

 

時には、自分自身に対して、ゆっくり向き合う時間を作ってもらい

 

自分で決められる人を増やしていくことが、

何事に対しても、第一歩なのだと思います。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。