美容師としての幸せとは何か。

 

美容師として幸せとは、

 

  • 自分の求める美容師像に対して、少しでも近付いていくステップ(プロセス)を楽しむ

 

【夢を追い求めていくことに意義を感じる人】

 

  • 今ここでどのように美容師として過ごし、他者に求められていたい&サポートしてあげたいという、帰属意識存在意義

 

【今を大切に考えている人】

 

と、色々あるとは、思いますが、

 

先を見て突き進むこと、そして、それを実現していくことを幸せと感じる人。

 

今を大切に、どのように働き、自分自身が生き生きと過ごせているかを確認し、幸せを感じる人。

 

 

大きく分けると、『』か『未来』か、どちらかに

 

幸せ(喜び)を感じられるのか。

がとても大切なのかなぁと思います。

 

かつては、未来の《自分が思い描く美容師像》に近付く喜びを感じていました。

 

当時、恥ずかしながら、こんな目標を常に掲げていました。

 

  • 周りがびっくりするくらいのスピードで、お客様からの支持を頂く。(周りから認めてもらいたい。と思う気持ち。)

 

  • 手取りの月収を年齢より、常に上回っているようにする(美容師の価値と給与は、比例すると考えていました。)

 

この2つでした。

 

まさに闘志ギラギラな感じでした。

 

負けず嫌いな性格と、

技術を身に付ければ身に付けるほど、成果として、自分に還ってくる美容師の仕事。

 

と、相性が本当に良かったんだと思います。

 

その為に休みの日の勉強や、

外部への講習会など、

美容の技術を学ぶ、自分への投資が楽しくて楽しくて、仕方がありませんでした。

 

もし、美容師で『収入が少ない。』と嘆く人がいるのであれば、それは自分の『努力不足』だと認識するべきだと思っていた。

 

 

《思っていた。》と書きましたが、

今もこの考えは、根本にはありますが、

以前ほど、強くは思っていません。

 

当時の僕は、

結果の出ない人⇨努力が足りないからだ。

 

と決めつけていたところもあり、

 

少し突き放した考え方に偏っていました。

 

『今』を大切にする人と多く接していく機会が多くなり、『未来』と『今』の半々でやりたい事が増えた。

 

 

大きな転機があったのは、

』を大切にする人は、

協調性がとてもあって、

 

自分には、そこが足りないなぁと感じたことでした。

 

なので、『今』を大切にする働き方に意識を向けて、過ごすようになりました。

 

結果、『今』と『未来』の両方のバランスが良い働き方こそ、美容師をしていて《幸せ》なのかなぁ。と思うように。

 

 

答えは、もちろん、一人ひとり違うのですが、

僕の中では、間違いなく、ここが1番しっくりきました。

 

 

もし、高収入を目指してギラギラなスタッフが出てきても、

きっとサポートできると思うし、

 

充実した、働く環境を大切にしたいスタッフに対しては、

日々、学んで感じていることを、少しずつ実践しながら、肌で感じながら、対応できると良いなぁと。

 

 

どっちが良いとかではなく、

両方にとってメリットが多い、働き方を実現して、

みんなが美容師をしていて幸せ(楽しい)

感じられる環境を目指していきたいなぁと思います。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。