独立するより、転職するより、個人の価値を高める

 

今後、独立をしたいと思っている美容師さんがいるなら、ぜひ、読んでほしいと思います。

 

『独立』そのものが良いか悪いかは、

別として、

 

うちのサロンでは、独立は基本的にオッケーです。

 

それは、美容師としての大きな挑戦になるからです。

 

 

美容業界は飽和状態だが、やり方によれば可能性の伸びしろは、まだまだ大きい。

 

もし、独立したいと考えているならば、

 

美容業界は、現状、飽和状態である。

 

ということを念頭にスタートすると、良いと思います。

 

独立に関して、もし自分の中で、

 

ブルーオーシャンを探して、戦略的に挑戦していく道筋がしっかりと見えているのならば、

 

それは、自信を持って進むべきだと思います。

 

 

『あー、もう飽和してるし、厳しいなぁ。どうしようかなぁ。』

 

なんて、思っているのであれば、

次で書く選択肢を選ぶのも良いと思います。

 

 

これからは、《価値ある美容師》がサロンから選ばれる時代

 

今後、美容師としての将来設計を考えているのならば、

 

間違いなく、一個人としての《美容師の価値》を追求した方が良いと思います。

 

そして、今の現状のサロンが、

 

自分に追いついていない。

 

と感じたら、ステップアップ(転職)をしていくべきだと思います。

 

 

サロンは、選ぶ側から、選ばれる側に。

 

美容師の個人の価値が高ければ、

正直どこでもやっていけます。

 

今なら、フリーランスの道も十分に考えていけるし、

 

《出来る方》は、むしろ、どこかに所属するより、フリーランスの方が、ワクワクした未来があるかもしれません。

 

 

お客様がいなければ、美容師でいられない。という根本的な部分

 

 

ですが、いくら、未来を想像し、新しいことに挑戦し続けたとしても、

 

絶対的に、

お客様の創出が必要となります。

 

フリーランスでやるにも、ここが抜けている方は、

その先、難しい現実が待っています。

 

 

これからは、個人の価値を高め、環境(サロン)に認めてもらい、良き環境を自ら作り上げていくことが理想的。

 

僕が、サロンオーナーだから、こんなことを言っているのか、と思われてしまうかもしれませんが、

 

もし、美容業界が飽和状態ならば、

 

他より、秀でた環境に身を置き、

安定》と《挑戦》のバランスの取れた、

 

団体戦(チームワーク)で勝負していった方が、結果、理想的だと感じています。

 

 

個人を高めて、さらにそれに比例して、チームワークも高めた環境で、

 

より自分と共に関わるスタッフにとって、働きやすい環境を整える方が、

 

飽和状態で生きていく上で、充実した働き方が出来るのだろうなぁ。と思っています。

 

明らかな道が見えているなら《独立》。少しでも不安があるなら、《秀でた環境》を求める、生き方。

 

最後に、個人の美容師としての価値ですが、

僕が思うには、

 

・プラスな未来を想像し、行動でき、周りに良き影響を与え、技術&知識を常に吸収し、美容の仕事が好き。

 

であることです。

 

単にお客様の多さなどは、

ここには含まれません。

 

周りに影響を与えられる人は、

人より考え、人より行動しているからこそ、

認められているのだと思います。

 

 

そういった人をこれからのサロンは、

喉から手が出る程、欲しがる時代になっていくのだと思います。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。