何かが変わる。

 

来月から、働き方がガラッと変わります!

 

今月は、休業などで、なんだか全ての勢いにブレーキがかかり、

 

改めて、今まで、熱心に取り組んできたことが、

 

果たして、正しかったのか

または、今後も通用するのか

 

を考える機会をたくさんもらっています。

 

僕はあくまで、オーナーとして、実現させたいこと。

と、美容師として在りたい姿は、

別々に考えています。

 

このブログでは、オーナーとしての考え方が多いのですが、

今回も、オーナーとして、どう在りたいか。

にフォーカスして、ブログを書いていきます。

 

 

スタッフへのサポートの形を変える。

 

僕は、今までは、誰よりも先に、

正解』を導き出して、

率先して、スタッフに伝えることが多い傾向にありました。

 

その為、美容師として必要なスキルの他に、

 

マーケティングスキルや、ブランディングスキルなど、

美容師として、発信する為に必要なスキルを

 

積極的に伝え、勉強会なども、頻繁に行ってきました。

 

ですが、今回を機に、それが、

『これからは、正しいのか。』を自問した結果、

 

やめてみよう!と思う気持ちになりました。

 

やめてみよう!とは、伝えることをやめるのではなく、

 

『正解』だと、思ってることを伝えるのをやめよう。

 

と思うようになりました。

 

これら、先を読んで、正解に近いだろうと思うことを、伝えるのは、

僕の強みでもあったのですが、

 

これからは、『考える力』に重きを置いたチームビルディングこそ、

 

進むべき方向性だと感じました。

 

なので、先に教える。という発想を変えます。

 

 

互いの時間を使って、技術を教える/教わるという、勉強会を変える。

 

5月から、全員出勤の日がなくなります。

また、シフトもイレギュラーになり、

よりフレキシブルな働き方に向かいます。

 

これは、人数による、密な環境を作らない為の、手段であり、

 

これによって、今までの社内での勉強会の考え方が大きく変わります。

 

 

技術を教えてくれる人の時間と教えてもらう人の時間が合わない。

 

という課題が出てきます。

 

技術を教えるのに、互いの時間を共に消費する必要はあるのか?

 

ここを問われているような気がします。

 

先輩から、丁寧にしっかり教えてもらえる。

 

これは、圧倒的な教わる側からすれば、メリットであり、

とてもありがたいことです。

 

ですが、これからは、その互いに時間を使わずとも、

学べる勉強法が美容師の社内教育にもあるべきだと思うのです。

 

もちろん、今後、気をつけることは、

美容師にとって、社内教育とは、コミニュケーションであり、信頼関係を築く上でも、とても大切な時間でもあります。

 

ですが、その大切な信頼関係も別の方法でも、築ける機会は、たくさんあります。

 

もしかしたら、ちょっと効率的に考え過ぎていて、

冷たく感じるかもしれないですが、

 

これだけ、世の中の会議がオンラインに切り替わった中で、

 

美容師の教育という、とても重要な部分が、いつになってもアナログであっては、

それ以上の進化は、出来ないと思っています。

 

 

変化を嫌う人が出ても、これから『変える』ことは、たくさんある。

 

僕は、とにかく今、やることは、

 

社内の無駄な贅肉を減らし、

健康的な筋肉質に変えること。

 

変えることがたくさんあるから、挑戦できることも見つかる。

 

数字を追うより、目に見えない、もっと大切な部分

 

これから一生懸命、変えていこうと思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。