先が見えないと悩む人

 

今、世の中が大変な時期になっていて、

 

『この先どうなってしまうのだろう。』

 

と悩んでしまうことも多いと思います。

 

今回は、美容業界『限定』での話として、

ブログを書こうと思います。

 

 

美容室の状態はどんな感じか。

 

2週間の休業の後、

ここ1週間くらいの感想ですが、

 

延期されるお客様と、お越しいただけるお客様、

どちらもいらっしゃいます。

 

割合は、どうでしょう。

何%とかそういった数値はわかりませんが、

 

僕の場合は、お客様の判断にお任せしようと思っています。

 

延期の方には、スムーズにご案内できるお日にちをお知らせしますし、

 

お越しいただける方は、サロン内で出来る最大限の衛生管理を徹底してお待ちしております。

 

ですが、やはり、スタイリストによっては、お客様の変更が重なり、

美容師の仕事が出来なくなっているスタッフもいるのも確かです。

 

世の中の美容室でも、お客様の来店状況による、

美容師の仕事が『出来る人』と『出来ない人』の二極化は、今後もより一層、あると思っています。

 

 

今の状況を不安に思い、考えこんでしまうか、先を見て動き始めているか。

 

僕は、この二極化も起こり始めているようにも感じます。

 

キーワードは、『不安』なのですが、

 

不安を解消するには、

その『答えを知る』ほかありません。

 

情報をとにかく拾い、

一早く、不安である、原因を取り除く、打開策を見つける。

 

それしかありませんが、

『なんとか今までの状態に戻ろう。』

 

と、必死になるがあまり、

足元だけを見てしまっていることも多いのかと。

 

先を見て、進めるか。

 

これが何より大切で、

特に、新しいことをしなくても、

 

今よりも1歩前に進む方法を知って、

行動に移してる人は、やっぱり外から見ていても違うなぁ。

と思います。

 

 

楽観的な人も注意が必要。

 

『なんとかなるかな。』

と悲観的に考えず、今を見て進める、楽観的な人もいます。

 

ですが、今後の美容業界では、やや、楽観的な場合は、

ストレス面では、とても良いですが、

 

ちょっとした未来では、かなり差がついてしまうと思います。

 

最初に、自分の『不安』の原因を知ること。

 

これから美容師は、少し厳しい環境に置かれるかもしれません。

 

より、一人ひとりの美容師に差が出ていってしまうのではないかなぁと思っています。

 

今は、ただ、自分の中で起こりうる最悪のシナリオの回避策のみ見つけて、

 

あとは、計画的に前を見て進める美容師である必要が出てくると思います。

 

僕は、その中で、安定した雇用と働きやすい環境の実現をオーナーとしての立場から、

前を向いて実行していきたいと思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。