この1ヶ月で起こった様々な感情

 

緊急事態宣言が全国で解除されました。

ですが、まだまだ気を抜けませんね。

 

実際に、4月9日、ウチの店舗でも、両店とも2週間の休業に入りました。

 

実際の休業までのプロセスは、下の記事を良かったら、ご覧ください。

 

《どうして2週間の休業を決めたのか。》

※クリックするとご覧になれます。

 

僕は、この2週間で、成長を意識的に止めてしまう、怖さを知りました。

 

 

2週間の休業後、人数制限の為の少人数出勤による弊害

 

2週間の休業後、ウチのサロンでは、

スタッフの出勤人数を規制して、

少人数での営業再開をしました。

 

僕は、この時、スタッフの成長意欲の低下を感じました。

 

というより、未来が見えない、ことに対しての、

不安』による、成長意欲の低下でした。

 

 

これは、『とてもまずい。』と思い、

社内LINEを通して、僕が伝えられる最大限の情報を開示していきました。

 

ですが、コロナという今後の不安は、少なからず、

 

現状維持をしようとする気持ちを助長してしまう怖さがありました。

 

 

なぜ、現状維持はダメなのか。

 

現状維持とは、僕の中で、後々の下降を意味します。

 

少しでも、上昇する気持ちがあって、結果、現状維持であったならば、良いですが、

 

現状維持の気持ちでは、結果、下がっていることが多いにあります。

 

 

不安とは、本当に怖いもので、今まで前向きに捉えられていたものが、

足元ばかりを見るようになってしまうのです。

 

 

 

新規の方の増加。という明るい兆し。

 

最初に変化があったのは、

初めてサロンにいらっしゃる方の増加です。

 

もう、この時には、

  • 徹底した衛生マニュアルによる消毒や、非接触体温計の導入

 

などがあり、スタッフの中にも、安心感がかなり戻ってきていました。

 

 

なので、純粋に、お客様がサロンに来てくださることを、喜び、感謝し、

 

美容師を心から楽しんでいるスタッフで溢れていきました。

 

 

不安というものが、こんなにも成長の妨げになるものかと。

 

今回の件で、人の感情の中での、

不安』とは、これほど、解消することが難しく、また丁寧に扱う必要のあるものだと、

改めて、感じました。

 

今は、スタッフも前を向いて進めていることが、何より、嬉しく、

僕も自分ができる最大限のサポートをこれからもより一層続けていきたいと思っています。

 

 

頑張っているスタッフは、特に結果がついてきている。

 

僕は、ここが、本当に今感じています。

 

休業中、そして、営業再開後、

少しでも先を見て、

目の前のことを丁寧に取り組んできたスタッフは、

 

わかりやすく、今、結果として表れてきています。

 

 

なので、そういったスタッフは、もっと成長を応援していきたいし、

サポートできる環境も整備し続けています。

 

 

あとは、不安により、スタートが少し遅れてしまったスタッフに対しても、

 

今、僕が出来ることを最大限に活かして、サポートしていきたいと思っています。

 

改めて、不安という『ストッパーの怖さ』と

成長をサポートできる楽しみを感じられた、1ヶ月でした。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。