サービスは瞬発力。

 

先日、夏休みにバリで

現地のスパに行ってきたときに

 

サービス』について考えさせられることがありました。

 

 

美容師はなぜ、サービス業なのか。

 

これだけ、技術力が大切な仕事であるにも関わらず、

 

『サービス』= 目の前の方にとって何をしてあげられるか。

 

を常に考えれる美容師が、お客様に多く支持されています。

 

 

長期的のサービスは存在しない。

 

例えば、スパなどのマッサージを受けたときに感じる、『感動』は、最初と最後くらいだと思います。

 

感動するサービスとは、その都度その都度、感じられるものであり、

 

長期的なものでは、ないと思うんです。

 

感動を感じたそのサービスの間には、

 

それに繋がる業務、または、行動が続いているだけ。

 

だと思います。

 

 

緩急のあるサービスこそ、心地よいサービスを感じられる。

 

例えば、その人にとって、

 

これは、『サービス=思いやり』だ!!

 

と思って、長時間行っていることのほとんどは、

 

『ただの継続的な行動』

 

でしかなく、瞬間、瞬間で感じられるサービスこそ、

 

相手にとっては、心地良いものになるのだと思います。

 

 

継続的な行動を怠けてしまうと、サービスでは無くなる。

 

また、もうひとつ。

 

受け取る側にとって、感動的な行動の間に位置する、

 

継続的な行動

 

怠けてしまった瞬間に、相手にとっては、それまでの心地良さは無くなり、

 

サービスを受けた気がしない=気持ちがこもっていない。

 

と、受け取られてしまうかもしれません。

 

 

1時間、2時間とお客様と向かい合う美容師だからこそ、サービスの瞬間を考えることが大切

 

2時間ずっと、【その美容師】にとってのサービスを受け続けるのも、

そのお客様】にとっては、逆に疲れてしまいます。

 

とても思いやりのあるサービスと過剰なサービスは、紙一重にも見えますが、

 

しっかり【行う時間】を見極めれば、

 

全然違う受け取り方をしてもらえるのでは、ないかなぁ。と思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。