給与について、本音で話せるか。

 

明日から4日間、朝に、給与ミーティング

スタッフ、1人ひとりと順番に行います。

 

給与を上げたいか、下げたいか。

 

以前、上の記事でも、僕自身の基準はお伝えしましたが、

 

やはり、大切なのは、実際に働く現場の意見ですね。

 

 

モチベーションとお金は、リンクして当たり前。

 

大切なお金であるからこそ、真剣に考えていかないといけないと思うんです。

 

『こんなに頑張っているのに、全然評価されていない。。。』

 

とも、捉えられてしまうので、とても繊細で、

とても大切な部分です。

 

 

会社の『やりたい』給与計算と、働く側の『してほしい』給与計算は、一致してるのか?

 

ここが1番不安なので、

ミーティングを行うのもあります。

 

それぞれが一人ひとりが頑張って出した売上に対して、

1番フェアな方法で分けるのが、1番良い給与計算です。

 

はたして、給与について、本音で話してくれるのか。

 

誰もが、給与について、

 

『なんでも良いから、話してごらん。』

 

と言われても、本音

 

『〇〇がいいです!』

 

なんて、言いにくいのはわかっています。

 

ですが、それが言えるような環境にしていかないといけないと思うんです。

 

 

『給与を出してあげている。』は1番NG。みんなが『給与配分を考え合う』が正解。

 

やっぱり、とても繊細な給与計算でもあるので、

 

全員が納得は難しくても、

 

大多数が、

 

『これなら、頑張れる給与計算だなぁ。』

 

と思ってもらえるように、取り組みを強く意識していきたいです。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。