投資すべきは、人。

 

ここのところ、少し経営が圧迫気味ですが、

なんとか、やりくりしています。

 

4月、5月の大きな投資は気をつけた方が良い。

 

詳しくは、上の記事をご覧ください。

 

会社のお金を、1番有効に使うなら、何に使う?

 

この問いには、僕の中で答えが2つあります。

※正確には、優劣つけにくいのですが。。

 

ひとつは、スタッフへの還元です。

ふたつめは、宣伝広告費です。

 

ふたつめの宣伝広告費に対しては、

『もっと他にかけるところがあるんじゃない?』

と思われてしまうかもしれませんが、

 

僕たち美容師にとって、

 

『是非是非、良いサロンなので、来てくださいね。』

 

と、多くの方に伝えられる1番の手段であり、

 

結果、美容師としての将来の投資でもあります。

 

ただ、闇雲に宣伝費として、お金をかける訳にはいきませんので、

 

もちろんですが、結果を求めます。

ここに関しては絶対にしています。

スタッフにも、続ける以上、ある一定の結果を求めています。

 

結局のところ、何をもって運営していきたいのか?という、そもそもの考え方。

 

最初にもお伝えした通り。

今は、設備投資にたくさんのお金を使ってしまいまして、

なんとか、日々、安全に運営できるように、とにかく頑張っています。

 

ですが、その中でも、スタッフの給与を下げようとか。そんなことは、考えていません

 

今、頭にあるのは、

 

どうやって、この状況を打破しながら、スタッフの給与基準をあげていけるのか。

 

をとっても真剣に考えています。

 

色々とアイデアは浮かんできてはいるのですが、

フェアであること。

 

が僕の会社のお金の還元方法のモットーでもありまして、

 

1番みんなが納得してくれて、

さらに頑張った人が、より、認められる給与基準の仕組みを模索中です。

 

美容室は、人が辞めることで、衰退していく。

 

僕は正に、そう思っているのですが、

 

将来、大きく店舗展開をしていきたい!!

その為の資金がとても必要になる!

 

というのでない限り、

 

常に現場に少しでも多く、還元していった方が、

結果、強く、大きくなっていくのかなぁとも思っています。

 

 

お金が全てでは、ないですが、

少なからず、

 

『こういう気持ちで進めていくよ!』という安心感。

は、みんなに感じてもらっていても、損はないのかなぁ、とも思います。

 

先にスタッフに投資すれば、それがお客様にも伝わる。

 

売上が高くなって、頑張ったから、

『給与も上げまーす!』では、なくて、

 

最初にしっかりとスタッフ一人ひとりにその少し先の未来に対して、投資をすることによって、

 

結局、それが、仕事をする上での安心感となり、現場での、

お客様への配慮や、気配り、行動などにも

繋がっていくのかなぁとも思います。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。