男性美容師の年収とキャリアアッププラン

 

美容業界において、

 

『男性美容師は、ある年齢(40代)を過ぎると年収が下がる。』

 

というデータがありますが、

 

これは、人それぞれだと思っています。

 

その理由を紹介します。

 

 

美容師の仕事は、お客様に必要とされるかどうか。

 

そもそも、年収が下がるということは、

お客様から支持を得られなくなった為。というのが、直接的な原因です。

 

では、本当に40代を境に、年収は下がるのでしょうか。

 

体力とともに担当できるお客様に限界が生まれる

 

美容師は、立ち仕事である以上、

1日のうち、かなりの体力を使います。

 

ある年齢を超えると、体力の低下と共に、

仕事量が減る=年収が減る】という理由にもなっています。

 

ですが、これは、サロン内でのチームワークによって、

かなり改善が可能です。

 

1人で全てをこなそうと力めば力むほど、この年収低下の可能性は大きくなります。

 

体力の低下を感じたら、スタッフとの関係性の構築が何より大切だと思っています。

 

 

年齢により、お客様から支持される層が変わる。

 

これは、仕方のないことですが、

 

例えば、40代後半の美容師さんで、10代のお客様を担当する機会は、

紹介を除いては、かなり少なくなると思います。

 

これは、イメージしてもらえれば、当たり前のことですが、

 

その10代のお客様は、20代の美容師が担当する機会の方が多くなるのは、想像が出来ます。

 

ですが、年齢による、経験値と技術力を高めた美容師さんであれば、

もちろん大人世代のお客様を担当する機会も多くなり、

 

そもそも、年齢を理由にお客様が少なくなることは、あまり考えられません

 

ですが、一方で、

サロンのルールにもよりますが、

新しいお客様を担当できる機会は、かなり少なくなるのは、事実です。

 

 

これからは、会社に支持される自分作りが最大のキャリアアッププラン。

 

これは、会社に媚びを売るとかそういうのではなく、

 

会社に属する美容師として、

どの様なポジションを確立し、

 

どの様にスタッフ・会社から支持される美容師になるかによって、

 

将来に向けての、希望あるキャリアアッププランになると思っています。

 

 

今までは、それが役職をもらうことで守られていたものが、

今、変わりつつあります。

 

個人の能力・才能を生かして、自ら、会社内における、ポジショニングを行い、

 

確立していけるかが、となります。

 

 

もちろん、それを認める社内の風土は、

必要であることは、間違いないですが、

 

 

間違っても、勤続年数や年齢に頼った

将来のキャリアアッププランは、

 

今後、業界的にも、より一層難しくなってくると思います。

 

 

これからは、いかに、

  • セルフマネジメント
  • チームマネジメント

 

が出来るか、どうかが、

 

男性美容師には、試されていくのだろうなぁ。と思います。

 

その為にも、今からでもすぐ、

自分自身の能力をつける勉強

始めることが大切だと感じています。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。