役職手当って誰が決めるの?

 

ウチの会社の給与体系は、少し独特で、

生産性システムを構築、採用しています。

 

簡単に言えば、

 

みんなでチームワークを高めて結果を出せば

みんなの給与が高くなる。

 

という発想です。

 

今回のテーマでもある、ポジション(地位)による手当

一切、存在しないサロンでもあります。

 

 

店長手当などの役職手当は存在しない

 

給与を大きく語る上で、

僕の中でも、一番の疑問が役職手当でした。

 

 

実は、以前の僕が働いていた職場でも、

幹部になると、ある一定の役職手当が付きましたが、

 

僕は、例えば、自分より、上の役職についている人の手当が

なぜ高いのか。』をいつも疑問に思っていました。

 

 

役職につく=昇給であり、

役職につく=仕事が増える

 

となるからだとは思いますが、

 

そもそも、その『仕事』とは何なのか?

は未だに明確になっていないような気もします。

 

 

『責任』が増えること=役職につく

 

責任が増えること。は、必ず起こり得ることだと思います。

 

ですが、その責任が、

 

会社にとって有益であるかどうか。

 

が一番大切であり、

 

会社として向かうべき目標に対しての、

負わなければならない責任がその人であるならば、

 

立派な役職手当になるだろうと思っています。

 

 

ここ数ヶ月、役職手当の納得できる基準を探していた。

 

最近、やっとみんな(スタッフ)が納得できる基準を見つけられたような気がします。

 

役職手当とは、

 

決して、そのポジションに与えられるのではなく、

 

会社が目指すべき方向に対しての、

軌道(目標までの道のり)に乗った上で、

責任を持った活動を行い、

結果を出す人】

 

に与えられるのだと、理解できるようになりました。

 

※この場合でいう、軌道に乗らず、違う方向性で『個人的な結果』を追求する人は、役職手当には当てはまらないです。

 

 

結果を出す人である為に、ポジションがある

 

どうやら、先に立場(地位)があがってしまったが為に、

 

後追いで役職手当がつくことが多く、

 

ルール(納得できる基準)が曖昧だったように感じます。

 

なので、これからは、

 

会社の進むべき方向性に対して有益であり、

その活動に必要な役職に対して、手当が出る。

 

という明確なものを作り、

 

給与の公平な分配を意識していきたいと思っています。

 

 

実は、人によっては、不満も出る恐れのある、役職手当。

 

当時、自分が抱いていたものを同じ様に感じる人が出ないよう、

 

会社として、しっかりとした、ルール(条件)を定めて、

 

新たに役職手当を実現させていこうと思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。