美容師の給与の決め方ってどれが正しいの?

 

美容師の給与の決め方は、様々だと思いますが、

やっぱり技術職なので、

日々の活動に見合った歩合給というところが1番しっくりきます。

 

ウチは断然、『生産性』に対しての歩合給計算である。

 

給与を上げたいか、下げたいか。

 

上の記事でも、給与に対しての考え方は、書いてありますが、

 

歩合給の部分だけで、見れば、ウチの会社では、

 

『生産性』に対する、比率が多くを占めます。

 

 

生産性をベースに考えれば、みんなが給与をしっかり受け取れる。

 

生産性とは、2つあります。

 

  1. みんなで頑張って出した売上を人数で割り、1人当たりの『数字』を出すこと。
  2. 限られた時間の中で、『行動』を効率的に考えること。

 

①は数字で、②は行動です。

 

今のmelt/emisでは、①の数字のみにしか、生産性の歩合対象になっていません。

 

一人ひとりに対しての行動に『価値』をつけるのは、現場でしっかりと見続けて、正確に把握する必要があります。

 

だから、1番出しやすい『数字』に偏ってしまうのです。

 

人時生産性こそ、これからの評価基準になり得る。

 

人時生産性とは、

従業員1人の1時間当たりの粗利益のこと。

 

簡単に言えば、

 

毎時間、1時間かけて、どのくらいの《価値》を提供出来ているか。

 

ということになり、

行動数字の両方を、

お客様という判断する方がいた上で、

 

具体的に表すことが出来ます。

 

美容師は、まず、時間は有限であり、『貴重なもの』だということを認識しなければ、ならない。

 

なぜ、長時間労働と言われてしまうのか。

なぜ、拘束時間が長いのか。

 

それは、もちろん、会社全体で、決まってしまっているルールもありますが、

 

実際に働くスタッフが、時間を無駄にしている。=長時間いることに慣れすぎている。または、1時間の価値を追求しきれていない。

 

ことも大いに原因としてあります。

 

まずは、自分たちで、『働く時間』というものを再認識してもらう。

 

ウチのスタッフには、まずは、『時間』に対して、

 

自分たちの1時間がどれだけ大切なものであるのかを、理解してもらう取り組みをスタートしています。

 

その一環が、働き方の見直しであり、日々の行動の見直しです。

 

もし、それを、みんなが理解して行動に移せるようになってきたら、

 

歩合給の評価対象に人時生産性を取り入れたいなぁと思います。

 

 

それでこそ、初めて、フェアで、しっかりとした分配の給与体制が作れるし、

 

安定した、高い給与システムが実現できると思っています。

 

給与は、上げる、下げる、はとても簡単ですが、

 

1番大切なのは、

現場のスタッフの『動き方』や『考え方』が内側から変わることによって、

 

結果、給与が《みんな》上がっていく。

 

という筋道なのかなぁとも、思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。