給料はいくらもらえれば、正解なのか。

 

昨日、うちのサロンのディレクターと

給与》についての話をしていました。

 

給与額の正解って、それぞれにあると思うのですが、

ちょっと思ったことを書いてみようと思います。

 

 

もらえる給与は、『手取り』で、自分の年齢以上。

 

ちょっと前の話になりますが、

 

僕が、スタイリストになって、最初に掲げた目標は、そこでした。

 

お客様を大事にする。とか、技術を猛勉強する。とか、そういったものは、別の話で、

 

『自分の仕事に対する価値』は、常に意識して働いていました。

 

なので、給与額とは、それまでに、自分が動いてきた行動・結果に対しての、

周りからの『評価』として、

 

ひとつの働く目的にもなっていました。

 

実際に、スタイリスト2年目から、手取りが年齢以上を達成し、それを下げない取り組みを常に行っていました。

 

 

世間一般的に低いとか、高いとか、気にしなくて良い。

 

例えば、同年代の他の仕事の人と、

『給与額』において、意識し合っても意味がないし、

そもそも、事業における生産性(もともとのお金の市場の大きさ)が違うので、

 

気にする必要はないと思っています。

 

この内容については、市場価値(事業の違い)における給与の差に関しての本や資料などを見ていただければ、すぐにわかると思います。

 

 

自分で給与の最低ラインを決めておく。

 

ガイドラインは、自分で作る。』

 

のが、やっぱり一番良いと思います。

 

 

ある一定の給与が欲しいのであれば、

それを目指して、日々の行動に努めれば良いし、

 

もっともっと欲しいのであれば、

人と違うこと。新しいこと。

 

を創造して、築き上げていけば良いと思います。

 

 

給与は、自分を客観視できるひとつの数値であり、やりがいをもって達成していくもの。

 

給与を上げたいのならば、

 

周りからの自分自身の価値を上げれば、

自ずと付いてくるものでもあり、

 

 

もし、環境がそれを認めてくれないのであれば、

認めてもらえる環境に異動する。という『行動』もそのひとつだと思っています。

 

 

給与額を決めるときに、自分の価値がどう判断されているのか、

 

月に1回の

『周りからの自分を客観視できる機会』

 

を無駄にするのは、『とてももったいないな。』と思いました。

 

是非とも、プラスに、前向きに、自分の給与のガイドラインを決めていってほしいと思います。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。