実は、この先を誰かに委ねたいんじゃないか、という話

 

最近、気付いたことがあるのですが、

 

この先、将来、どうなっていたいのか?

 

この大切な問いを、

 

  • 年上の先輩の働く姿
  • 会社の環境

 

委ねていることってないでしょうか?

 

これは、決して、それがダメとか、

批判する為に書く記事ではありません

 

 

そういう働き方未来への見方も今後も含めて、大いにある。ということを、

 

僕自身も気付き理解していかないといけない時期になったのだと思います。

 

 

未来を抱いていないとダメなのか?

 

僕はもともと、ポジティブ人間であり、将来の夢を叶える。などは、とても大好きな人間です。

 

ですが、そもそも、全員が全員、

未来の自分の求める姿を夢見て働く必要はあるのか?

 

と思っています。

 

批判を恐れずに言えば、

 

今が良ければ、良い

 

という考えであっても、決してダメなわけではなく、

 

むしろ、その《》というものを一生懸命、行動しているのであれば、

 

それは大いに価値のある働き方だなぁ。と思います。

 

 

未来の姿をイメージさせ求めるのは間違いであり、その人は、公言しなくても良いし、その都度変えても良い!

 

何か行動を行うには、必ずゴール目的)が必要ですが、

 

その人の働き方、または、仕事という考えにおいては、

 

今を大切にし、未来はその都度、描くものが変わっても良いと思っています。

 

 

ですが、その先(働く自分自身の未来)を思い描けないのであれば、

 

それは、誰かに委ねても良いということです。

 

 

結局は、誰かが、道を指し示す人が必要で、その選択肢の多さも重要。

 

この先、自分の働き方を想像出来なくなる前に、

 

僕は、あらゆる⦅⦆を伝え、

 

さらにバリエーション豊かな、様々な可能性を提示する必要⦅役割⦆があると思っています。

 

その為に、環境を整え、先を予想し、

 

進める方向性をしっかりと作っていく、努力は怠らずにいきたいと思います。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。