美容師で転職する前に考える3つのポイント。

 

すみません、なんか生意気なタイトルで始まってしまいましたが、

 

僕が思う、大切なポイントを3点ご紹介したいと思います。

 

まずは、ひとつめ、『給料』

 

お金の話です。

 

僕は、ここの部分は一番、繊細に扱いつつも、

 

公平に大きくチャレンジすべき課題だと思っています。

 

 

給与の高さは、評価の高さに比例すべき。

 

まず、給与に関してですが、

 

結果に対しての評価が『給与の値』であることが非常に多いです。

 

ですが、ここも考え方の違いで、

 

もし、まだ全力を出し切っていないのならば、

そこで全力を出し切ってから、転職を考えてみるのも良いと思います。

 

例えば、 人より秀でた『結果』を出したのに、『高い給与』という評価が伴わないということは、通常、あり得ないからです。

 

また、なかなか全力を出し切る経験というのは、

あまり多くは無いと思うんですよね。

 

結果、それが、思っていた未来とは違う形で評価されてしまったとしても、

 

その経験は必ず将来の自分の為になると思います。

 

 

ふたつめ、『将来への不安』

 

『この先、ここで働いていて本当に大丈夫なんだろうか?』

『自分がやりたい未来は、ここにはあるのだろうか?』

 

不安を抱えて転職を考えることもあると思います。

 

ですが、僕はこの考え方には、ひとつ落とし穴があると思っています。

 

まず、『将来への不安』に対して、

 

ここ』という今いる環境に目が向いている場合は、一度踏み留まる必要があります。

 

『ここ』という環境のみに対して、

将来への不安を抱えること自体

 

転職のきっかけにはならないということです。

 

詳しくは、こちらの記事でも書きましたので、

良かったらご覧ください。

【働くってなに?】

 

 

ですが、もし、本当に会社的な問題(現場の力では解決出来ない問題)に直面した場合は、

転職を考える十分なきっかけになると思います。

 

 

みっつめ、『人間関係』

 

一番、原因が多い内容だと思います。

 

ですが、思っていたより、きっかけは何気ないことも多く

 

それを小出しに伝えないことによって、本人の中で大きく拡大し、

相手に『感情』をぶつけてしまう。

 

ということから、関係性は悪化していくことがほとんどだと思います。

 

まずは、火種の小さいうちから、伝えていくということも大切なのだと思います。

 

こちらに関しても以前、記事を書いていますので、良かったらご覧ください。

【注意することってこんなに難しい。】

 

僕が人間関係で転職を考えた方が良いと思う2つを挙げるとしたら、

 

  • 日常の業務での疲れが溜まり、『疲弊』してしまった人が多い環境
  • 人に『無関心』の環境が出来上がってしまっている状態

 

です。

 

 

さいごに。

 

僕はどちらかといえば、

『転職』賛成派です。

 

もちろん、オーナーとしては、『スタッフに辞めて欲しくない』と思っているのは、当たり前ですが、

 

スタッフが『転職』というカードを持って、働けていることは、

 

会社(それを経営する者)にとっては、大きな影響力を及ぼすことになり、

 

『常に環境を良くしていかなければ』という意識作りにも繋がります。

 

 

 

実際に『転職の意識』というカードをチラつかせて、働くのは、少し悪趣味ですが、

 

実際に転職できても、本人が転職しない会社を作ることも今後、とても大切だと思っています。

 

 

転職を考える』きっかけにより、

会社までは、いかなくても、周りの環境を変えていく力があるのは、

 

間違いなくあると思います。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。