経営者と技術者の切り替え

 

最近は、経営割く時間を増やしています。

 

僕の言う、経営とは、

  • 現場にいては、見落としがちなサロン全体を客観的に見て、発信する内容を決め、実際に行う作業
  • スタッフが働きやすい環境でいられる為の土台作り、制度作り、ルール作り
  • 現場で働くスタッフがお客様集中して、仕事が出来るように、裏方(事務作業)の仕事をこなすこと

 

の3点を重要としています。

 

また、現場で行なっている、技術者としての自分は、

 

  • 目の前のお客様のデザインを一緒に考え、より良い技術とサービス提供していく
  • スタッフ間でのチームワークの確認、また、全員がしっかりと美容師として仕事が出来ているかという確認
  • サロンワークをしていなければわからない、現場目線での細かい発見

 

を大切にしています。

 

 

どこの企業でも、オーナーが一番頑張って行動しているところがうまくいっている!

 

僕の中で、今、経営者と技術者の割合は、

3:7 くらいです。

 

まだまだ、技術者として、現場に立っていることが多いのが現状です。

 

ですが、現場でしか、感じられないこと

または、気付けないこと。は、実際にかなりあります。

 

経営の仕事をしてる際も、その現場での気付きがきっかけで良いアイデア、行動する内容に

気付けたりもします。

 

なので、技術者でいることは、何より、現場目線でのサポートをする上では、

とても重要な時間だということです。

 

 

実際にサロンワークが好きだから美容師をしている。

 

僕が、完全に、はさみを置かない理由は、

美容師をしていて楽しい。からです。

 

きっと、経営だけになってしまうと、

今まで見えていた大切な部分も見えなくなるかもしれないなぁと、不安もあります。

本当は、そんな立場であっても、しっかり現場を把握出来る、視野の広さは必要なのかもしれませんが。。。

 

ですが、これからは、もう少し、経営者として、

(未来)を常に読み、行動し、

実際にみんなが楽しく美容師でいられる様に、

全体的な細やかなサポート

 

が出来る時間をもっと増やしていかないといけないなぁ。と、

 

最近は、思っています。

 

というより、まだまだ、根性論だけでは、

美容師としての仕事の幅を開花させることは難しく、

 

冷静に全体を見て、必要な時に、必要な選択を出来る経営者としての役割は、

 

今後とても重要になってくるのかなぁ。と思います。

 

 

これからは、経営の仕事の時間もしっかり取るようにバランスを考えていく。

 

忙しい12月が過ぎたら、少し経営者としての立場時間比重も増やしていこうと思います。

 

ですが、技術者として、

お客様に指名してもらえる喜び、そして、美容師としての楽しさ。

は、常に感じながら、

 

経営者と技術者のバランスをよく考え、

今後も変わらず、現場目線の行動は、大切に続けていきたいなぁと思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。