やりたいことが出来たなら言葉に出して伝えた方が良い

 

美容師をしていると、

しばしば、【様々なことが出来る=クリエイティブ】と考えている方がいます。

 

僕は思うのですが、

 

様々なことを完璧にこなせる。

または、80%以上こなせる。

 

という方は極めて、少ないのではないかなぁと思います。

 

というより、出来る方は、周りに公言する前に

 

『出来てしまっている』

 

という感覚だと思います。

 

 

多彩な才能はあればいいし、出来る人はどんどん実行するべきだと思う

 

 

僕は、基本的に1つのことを【早く、深く】学ぶことを大切にしています。

 

なので、いっぺんに様々なことをやるのが苦手な方です。

 

ですが、出来る方もたくさんいます。

 

そういった方は、どんな風に力を配分して、ああも見事に様々なものをこなしていけるのかは、

全く見当もつきません。

 

 

例えば、美容師であれば、サロンワークのほかに、ヘアメイクや美容以外の取り組みをしたいと思う気持ち

 

 

美容師は、根本的にサロンワークが主となります。

 

ですが、例えば、

  • 芸能、雑誌関係のヘアメイク
  • セミナーを中心とした講師活動
  • ブライダル関係のヘアメイク
  • ウェブ関係の事業
  • ネイル、エステ関係の仕事

 

など、様々なことをアプローチすれば、

マルチな活動は、とても広がります。

 

 

ヘアメイクをやりたい!と思ったら、それを公言してほしい。または、伝えてほしい。

 

 

実はここからが本題なのですが、

 

『美容師=サロンワーク』

 

では、ありません。

 

もちろん、サロンワークをに置くことは、

リアルな現場を常に感じる為には、とても大切です。

 

ですが、

 

『ヘアメイクをやりたいけど、伝えても出来ないだろうなぁ。』

 

とは、決して思ってほしくないということです。

 

 

マルチな活動を可能とするには、『環境づくり』がとても大切。

 

 

まずは、やりたいことができたら、

それがまだ小さくても、みんなに公言してみる。

 

それが、今の職業から、かけ離れていても、大丈夫です。

 

その時やりたいことを無理やり、本業にくっつける必要はありません。

 

『今。これをやってみたい!』

 

という気持ちを、素直に伝え、行動を始めることが大切だと思います。

 

 

決して、僕自身は、それを否定しないし、

 

そのやりたいことを実現しやすい環境作り

最大限にサポート出来たらなぁと思っています。

 

 

なので、些細なことでも、どんなに小さなことでも、

 

『今、やりたい。』と思った物事に関しては、

是非、伝えていってほしいなぁと思います。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。