売上の話はしない。

 

僕がスタッフのみんなに伝える時に、大切にしていることがありまして、

それを今回、ブログで書いてみようと思います。

 

売上の話は重要ではない。

 

僕はあまり、スタッフと話すときに売上についての話をしません。

 

あんまり過去の数字なども見ないですし、過去のデータにはあまり関心を示してない

というのが、正解かもしれません。

 

 

『美容師=売上』が常にくっつくと大切な部分を失う。

 

僕は、《何故、この会社でそのスタッフが働いているのか。》

その『何故?』

をとても考えています。

 

売上の為に働いているスタッフより、

技術の向上や、お客様に提供できるデザインの幅が増える喜びなど

毎日のサロンワークで感じ、

そこをスタッフみんなには、大切にしてほしいと思っているからです。

 

 

年々、スタッフが増えていくには理由がある。

 

今、着実にスタッフが増えていき、店舗も3店舗となりましたが、

スタッフの定着率もかなり高いです。

 

スタッフ一人ひとりの成長や、向上する気持ち

働きがいなどを高められる環境にしたいな、と日々思って、運営しています。

 

そうすると、サロン全体の雰囲気も自ずと『成長したい。』という意識に繋がる様な気もしていて、

 

スタッフ間の関係性の良さは、チームワークの良さにもつながり、

 

結果、大きな売上につながっていると思っています。

 

だから、売上の話は特には、重要ではなく、

 

『この会社に入って、何がしたいのか。』

 

それぞれが考えるようにしてもらい

毎日のサロンワークに向き合ってもらっています。

 

そうやって前向きに捉えているスタッフが多くなるからこそ、

 

グループ全体として、成長していっているようにも感じます。

 

 

売上の話はストレスになる。

 

僕の場合、本音では、ここですが、

売上の話は、話す側も話を受ける側もあまり前向きになれないことも多いです。

 

もちろん個々の目標は、大切ですが、ゴールの天井が常に上がっていくのは、

あまりにも心身的につらいです。

 

なので、うちでは、

チーム全体で売上は向上させよう!という風土】に自然となりました。

 

なので、もしかしたら、知らず知らずのうちに、

互いの心のストレスを溜めない為の方法

会社全体として、自然と出来上がっていったのかもしれません。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。