働くってなに?

 

最近、働き方の可能性について、

深く考えることが多くなってきたので、

 

一旦、ここでまとめたいと思います。

 

 

何を得るために働くのか。

 

まずは『お金』ですね。

 

お金に関しては、今はまだまだ考えがまとまりきれてませんので、

 

今回は、省かせて頂きます

 

 

2つ目は、自分の『将来』に対して、安心して働く為の『環境の基盤作り』です。

 

 

今はまだ実現出来てない理想の環境(=居心地の良い働く環境)に向かって、

今出来ることを『働くことを通して

 

基盤を作り、一歩ずつ、着実に、近付けていく作業です。

 

 

ちょっと分かりづらいと思いますので。。。

 

『こんな環境なら働いていたいな』

 

と思える、居心地の良い未来を少しずつ、

日々働くことで》将来得られる可能性が高まるということです。

 

 

『こんな環境であったらいいな。』と思うだけなら簡単。

 

僕が一番に伝えたいことは、

 

日々過ごしている、その働き方を改善し、

良い方向へ、シフトできる《権限》を持っているのは、

 

その環境で働いているスタッフのみです。

 

 

自ら行動し、良い方向へ、近付けられるのも、

現場にいるスタッフのみで、

 

その日々の積み重ねが

将来、自分たちにとって居心地の良い働きやすい環境を作っていけるのだと思います。

 

なので、

 

未来の《自分の働く環境》を充実させる為に、《今を働く》という考えもあるのだと思います。

 

 

簡単に言えば、

環境作りを日々行わないで、働くことが、

どんなにもったいないと、思えるかどうかです。

 

 

多くのスタッフと関わり、一緒に働いていきたい。

 

僕は、純粋にこれからも、

多くのスタッフと関わり、一緒に働いていきたい。

 

と思っています。

 

もし、僕が、少人数のサロンのオーナーであり続けてしまった場合、

 

未来のサロンは、僕にとって良いサロンとなり兼ねないからです。

 

そんな未来は楽しくありませんし、

他のメンバーは、きっと居心地が悪いと思います。

 

 

多くの人が『同じ環境』で働き合うからこそ、色々な考えが生まれる。

 

僕は、それでこそ、

働く環境を整える《楽しみ》があると思っています。

 

もちろん、多くの人が多くの意見を言い合い、

環境を作っていくわけですし、

 

それが蓄積されて、良い環境が出来上がるので、

 

多くの反対意見や、積極的な環境作りの活動は、

 

何より、会社にとっても、

自分たちにとっても、

 

財産』となります。

 

 

 

そのサロンで働くからこそ、未来への環境の投資を日々行える。

 

やっぱり、働く意味として、

 

ただ、目の前の良い環境に目を向けるのではなく、

 

一緒に働いてるからこそ、

 

 

日々の活動が将来への投資となり、

思い描いていた働き方を手に入れられるようにしていきたいです。

 

 

その為にも、

 

これからも一緒に関わる大切なメンバー

 

魅力ある環境の基盤作りを楽しみながら、日々、行っていきたいなぁと思っています。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。