1時間の価値を大切に使えるかどうか、意識できているかどうか。

 

美容師の仕事は、時間が決まっています。

 

もちろん、技術が早い方は、短時間でたくさんの方を担当します。

 

ですが、それを抜きにして、自分の1時間の在り方を

 

意識できているのと、

意識できていないのとでは、

 

今後、美容師として、在り方が大きく変わってくると思います。

 

美容業とは、1時間という『価値』を技術&サービスとして、提供している。

 

お客様を前にして、1時間を考えた時に、

 

その髪型を作る『デザイン料』

または、

お客様に真剣に向かう『1時間の価値』

 

として、お代を頂きます。

 

ですが、お客様がいない間の『1時間』とは、どうなんでしょうか?

 

お客様がいない間の1時間を大切にする人ほど、成長している。

 

過去、たくさんの美容師さんとお話ししてきて、

また、実際にその現場を見てきて、

 

お客様と向かい合っていない時間(=空いている時間)の使い方を大切にしている人は、美容師として、活躍している。

 

お客様と向かい合っている間は、誰でも真剣です。

 

その1時間は、とても価値あるものとなり、それにより、お客様から、お代を頂くのです。

 

ですが、

空いている時間=気を休める時間

 

であるならば、それは、とても、もったいない気もします。

 

どうしてもお客様の予約が少なく、空いてしまうのなら、前もって空かない方法を考えてみてもいいのかも。

 

そして、もっと現実的に言えば、

 

もし、時間が空いてしまうのならば、その空いてしまう時間を何をして充実させるかを考えてみる。=空いている時間を作らない。

 

のも、その人の可能性を大いに広げると思うんです。

 

美容師の仕事は、お客様がいないと成り立ちません。

ですが、

待っているだけの仕事ならば、これもまた、美容師の価値を上げているとは、思えません。

 

頑張ってる人が報われる職業であるからこそ、

 

空いている時間が⇨【充実した時間の使い道】

 

を、考えられるようになり、

 

結果、それにより、

 

美容師としての、自分の価値がどんどん高まっていってほしいと、願っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。