働き方をみんなで見直して、その後。

 

以前こちらの記事で、

何事もスピードが大切。あとは、丁寧に修正していけばいい。

 

紹介した、働き方の見直しで、

 

あれからの進捗です。

 

 

両店ともに、朝フレックス(ゆっくり出勤)まで可能に。

 

以前から、夜のフレックス(早上がり制度)は、ありましたが、

 

今月より、朝フレックスも可能となりました。

 

これもひとつの働き方の考え方です。

 

早番、遅番などは、美容室では、よくありますが、

 

これはあくまでも、リフレッシュの為時間の使い方です。

 

 

『どんな風に働きたいか』を大切に。

 

『勤務時間がこうだから、ここまではいてね。』

 

という大枠なルールはもちろん必要ですが、

 

 

『あ〜、今日は、どう頑張ってもしんどい。早く帰ってゆっくりしたいなぁ。』

 

という時に、少しでも早く帰れる。という、

一人ひとりに合わせたちょっとした抜け道も必要ですね。

 

 

誰か1人だけ。という物事こそ、不満が生まれる。

 

このフレックス制度の大切の目的は、

 

身体を休める。

 

ことと、

 

相手を気遣い、働きやすい環境を自分たちで作っていく。

 

ことにあります。

 

だからこそ、それぞれがバラバラにこの制度を利用することによって、

 

組織としての働き方柔軟性を持てるのだろうと思います。

 

 

営業時間内に、実は、色んなことがおさまる結果に。

 

この働き方の見直しで、

1番大きく変わったのが、

 

《営業時間外じゃないと出来ない》と思ってた内容が、

実は、《営業時間内にきれいにおさまった》という事実。

 

これは、やってみないとわからないし、

 

きっとみんなで意識し合いながら、行動していかないといけないのは、

 

もちろん大前提なのですが、

 

今まで無理だと思っていたことが、

今は当たり前となっていることに、

 

気付くことが、とても大切なんだと思います。

 

 

両店とも、1日1時間の短縮に成功したことにより、1時間分の自分たちの時間を作れた。

 

時間は、とっても大切ですね。

1日1時間の短縮は、とても大きいです。

 

 

というより、今までの、その1時間が『もったいない使い方』をしていた。

 

ということも、改めて気付くことも大切ですね。

 

 

まだまだ、働きやすい環境現場から考えていけたらいいですね。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。