目標はじっくり考えた方が良い

 

美容師をしていると、常に目標があり、

 

それを日々、達成することが求められるわけですが、

 

そもそも、みんなが、みんな、目標があることで、モチベーション(やる気)に繋がるのか。

 

という疑問点が最近は、感じます。

 

 

その目標は、本当に自分で決めた目標?

 

よくある目標というのは、

あらかじめ、平均的な基準があり、

 

『今の君なら、このくらいよりちょっと上を目指そう!』

 

みたいな、誰と比較したのか、わからないライン(水準)が決められていて、

 

それに少し上乗せみたいなことが多いんじゃないのかなぁって思います。

 

目標を自ら考え、行動できる人は多いのか。

 

また正直なところ、

 

ある程度、誰かから、ある一定の目標を決めてもらうことによって、

 

『まずは、そこまで目指してみよう!』

 

という、ひとつの方向性が見えることがあります。

 

ですが、それは、その時その時のクリアする目標であって、

 

本当に目指していきたい目標とは違う気もしてしまうんですね。

 

 

以前は、目標の『達成数』をやりがいにしていたが、今は難しい目標に向けてのプロセスの『進み具合』が心地よい。

 

結局、以前は、細かな目標を自ら設定し、

 

それを階段をのぼるように、ひとつひとつ段数を噛み締めながら進むのが

 

目標を達成する』ことであり、

 

逆に言えば、達成してしまえば、

それまでの目標は、もう別のものと捉えていることがほとんどでした。

 

 

じっくり、これから何をしていきたいのか。(=目標)をしっかり時間をかけて考えてみてほしい。

 

これが今の目標だ!と大きいものを見つけると、

 

次第にやりたいことが、階段状にわかりやすく見えてくると思いますし、

 

その為に自分にしか出来ない方法で乗り越えていけると思うんです。

 

 

もし、今の目標が誰かに言われたものだったり、

 

なんとなく設定しているものだとしたら、

 

ぜひ、外に公言しても、叶えていきたい目標へと、考えてみるのも良いのかなぁとも思いました。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。