『自分ごと』に出来るかどうかは、責任感の違いだと思う。

 

この立場になって、ずっと抱えている1番の課題が、

 

『自分ごと』のように物事を考え、進めてくれる人を増やすこと。

 

なのですが、

 

本当に難しいですね。

 

そもそも、僕にとって大切な事柄は、その人にとっては、決して大切でないことも多いからですね。

 

 

巻き込むのが上手い人は、意図して巻き込んでいるのか。

 

周りに良い影響を与え、

 

自然と周りも自分と同じ方向へ向き、一緒に、いつのまにか進ませてしまう人。

 

というのは、過去に何人かお会いしたことがありますが、

 

これは、紛れもなく、センス才能ですね。

 

学んで身に付けるものではないと思います。

 

 

きっと、こういう人は、知らず識らずのうちに、

周りを『自分ごと』として、考えていける人を増やせるセンスも持っているのだと思います。

 

もちろん、周りも、

気付いたら、物事が全て『自分ごと』として、捉えられているのかもしれませんね。

 

 

過去にも、たくさん、『自分ごと』作戦は行なってきましたが、いつのまにか、『他人ごと』になってしまうことも。

 

以前もブログで書いた、

 

お金は見える化しないと、信用してもらえない。

 

↑の記事の会社のお金についてだったり、

 

 

働き方を見直すなら、絶対に現場からが良いと思う理由。

 

の様な、自分たちの働く環境についてだったりと、

 

伝えられる部分は、できる限り伝えて、

 

『自分ごと』として捉えてもらうようにしていました。

 

 

結局のところ、何かを『自分ごと』にするということは、それに対して責任感が伴う。

 

何か全体の物事を自分ごとの様に考えるとは、

 

本来、『他人ごと』として、スルーしてもよい部分に手をつけるわけでもあるので、

 

ある程度の責任感(最後までやり遂げる)は、必要なのだと思います。

 

 

『自分ごと』のように考えてほしい。

 

と思えば思うほど、実は、その人に責任感を押し付ける結果にもなるのかなぁ。とも。

 

ですが、本来、何かを共同で行なっていくには、

 

お互い信頼できる、責任感が必要であり、

 

そこを抜きにして、物事を一緒に進めていくことなど、とても難しいと思います。

 

 

『自分ごと』という責任感を背負うからこそ、みんなが心地よく役割分担ができる。

 

もし、

『あ〜、あの件に関しては、関わりたくないなぁ。』

 

と思い、『他人ごと』として、捉えてしまえば、

 

そこで、お互いの信頼関係は築けず、

 

ある特定の一部の人のみが、責任を持って、

考え、行動することとなります。

 

 

なので、そんな不公平なことこそ、おかしいなぁ。とも思うので、

 

 

もし、僕の周りで関わっている人たちだけでも、

自然と、全体の物事に関して、『自分ごと』として考えられる力をつけて、

 

程よい緊張感と、お互いを支え合う、行動力がもっともっと増えたら、

 

良いんだろうなぁと、より、思っています。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。