改めて時間は有限だと思うこと。

 

実は、今月ですね。

手続きやら、なんやらで大忙しでして。。。

 

その理由なんですが、

9月より、正式に株式会社として、スタートすることになりました。

 

今まで、個人事業主として、サロンの運営を行ってきましたが、

 

お店も2店舗となり、また、これからスタッフも増えていくということを考えると、

 

 

当たり前の様に、労働環境を良くしていかなければならないと思い、会社を設立しました。

 

まぁ、株式会社にしなくても、もちろん労働環境の改善には取り組めるのですが。。。

 

 

これは、一つの僕としての、

 

決意の表れ』と言ったら、響きが良いですが、

 

うちの会社に内定が決まった際に、少しでもそのご家族や、もちろん本人にとって、

 

安心できる環境作りが何より大切だなぁ。と思いました。

 

 

また、改めて、今回、法人化にするにあたって、たくさんの方にサポートをして頂きました。

本当に、ありがとうございます。

 

 

時間はやっぱり有限なのだということ。

 

僕はこの2週間あたり、ずっとサロンワーク法人に向けての作業

身を削る様に日々を過ごしていました。

 

もちろん、こういった会社を設立するということに関して、

 

色々と事務作業が多いのは仕方ないのですが、

 

相変わらず、書類関係やなんやらで、効率の悪いものが多いなぁと感じていました。

 

その度に、僕はそこに時間を割かなければならない訳で、

 

とても勿体無いなぁと感じていました。

 

 

今回の作業を終えて、『作業の無駄』を見つけることの大切さを、改めて考えました。

 

例えば、同じ様な書類何回も書いたり、

 

その紙一枚の中にありったけの記入欄があったり。

きっと一度見直せば、いらないものも見つかるであろうことも

 

当たり前の様に、提出書類として存在したりします。

 

それを後ほど、データとしてパソコンに入力する人の作業を考えたら、

もっと効率的にできるものも、あるのではないかなぁとも感じました。

 

 

『無駄を見直す』とは、案外大変で、地味な作業だけど、時間効果はとても大きい。

 

今回、特に感じた、この時間に関しては、

 

そう考えさせてくれた機会を大切にして、

 

今、うちのサロンでも無駄に重複して行っている事務作業や日々の労務などに

 

見直す良いきっかけを与えてくれました。

 

まずは小さな小さな業務ひとつから、

僕が率先して、無駄なことを無くしていく活動が何より大切なのかなぁと思いました。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。