今日やる事が終わらないのは、何故だろう?

 

僕は、かなりの仕事を抱え込みたい派です。

 

どういうことか、というと。

 

  • 必ず頭の中には、何か並行で物事が進んでいて、次にやらなきゃいけないことが出てきてしまう
  • 一度やると言った活動は、何がなんでも続けて行う
  • 『もし、こうなったらどうしよう』と、未来の『もしかしたら、、』に対して、必要以上に考え、行動しようとする

 

結果、多くの仕事を抱え込みたくなるんです。

 

抱え込んだ結果、生まれるものは焦りです。

 

『あー、この件に関して、早く取り組んでいかないとなぁ。。』

 

と、焦り、周りに求めてしまうのです。

 

抱え込むのは、悪くないが、それを周りに求めてしまうのは、大間違い。

 

最近、働き方を見直すにあたって、自分自身、再発見できたことがあったんです。

 

それは、

『働き方を良くしよう!』と言っている本人が、《働きすぎている》という矛盾でした。

 

なので、やめました。

 

営業が終わり、遅くまで、経営に関する仕事をやるのをやめました。

 

休みの日に事務の仕事を持ち込むのをやめました。

 

結果、美容師の仕事と共存する方法が見えてきました。

 

実は、今、スタッフみんなの協力もあって、

営業中に経営に関する仕事を、行なっています。

 

ですが、ありがたい事に、現在、

平日も土日も多くのお客様が予約をしてくださっている為、

ほぼ、全ての時間と言っていいほど、美容師として、仕事ができています。

 

ですが、その1日のうち、《1時間》でも《30分》でも、空いた時間を、経営者としての仕事の時間にあてているのです。

 

限りある時間の中で、本来やるべき事と、もうやらなくて良いことの仕分けができるようになった。

 

働き方を見直したおかげで、

【常に仕事を抱え込んでいた自分】

から

【毎日毎日、仕事を消化できる自分】

 

になれました。

 

どこでも、トップが一番忙しいという概念は、間違いではないですが、

 

『あー、今日もこの人は忙しそう。。』

 

と思われないよう、

 

せめて、周りからの見た目だけでも、

 

清々しく、物事を解決していく人

 

として、

見てもらえる努力を、今後も続けていきたいと思いました。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。