美容師になりたい。と思ったきっかけ

 

今回は、僕が美容師になりたい。と思ったきっかけについて

書きたいと思います。

 

うちの会社では、面接の際に、

自分の夢や、美容師になりたいと思ったきっかけを、聞いたりしています。

 

そこで、そうやって入社してきたスタッフと6年間、関わる中で、

 

『きっかけ⇨そうでありたい自分(夢)』

 

は、一致して、日々行動していくことがわかりました。

 

『それって当たり前じゃない?』と思われたかもしれませんが、

 

美容師になりたい。と思った最初のきっかけは、

意外と、無意識にずっと自分の中で残ってることって、

 

実は多いのではないかなぁ。と感じました。

 

 

笑顔で溢れた空間で働きたい

 

僕の、美容師になりたい。と思ったきっかけは、

 

『笑顔で溢れた空間で働きたい』

でした。

 

 

仕事をするなら、楽しく笑顔でいたい

 

そう思い、当時、髪を切りに通ってた大型の美容室で、

 

忙しいのにも関わらず、

バックルームに行く最中も笑顔でスタッフ同士で声をかけながら、

入っていく美容師さんの姿を見て、

決めました。

 

 

毎月、〇〇新聞を発行する

 

僕がまだ独立する前、働いていたサロンで、

 

〇〇新聞(※〇〇は店舗名が入ります)という、毎月発行の新聞を

手作りで作っていました。

 

休み返上で1日かけて作るこの新聞は、

お客様にも大変喜ばれました。

 

これを楽しみに毎月お越しいただく方も多く、とてもやりがいを感じていました。

 

今思うと、休みの日に、作成してても苦じゃなかったのは、

 

美容師になりたいと思ったきっかけとリンクしていたから。だと思います。

 

 

しかし、この〇〇新聞は、ある先輩の心ない一言でパタンと終わることになります。

 

僕はこの経験で、人には、夢中になるときには、応援し続けることが大切で、

 

それが、きっかけだったり、本人のありたい自分の為の行動だった場合、

会社に損害が生じなければ

 

決して否定をしてはいけない。と自らの経験をもとに、大切にしています。

 

 

働きやすい環境を、独立してすぐ求めたのは何故か。

 

それから、独立して、新しいサロンを立ち上げる時も、

僕の中では、

  • 働く環境を良くする

 

ことが第一条件でした。

 

それは、今思うと、美容師になりたいと思ったきっかけともリンクしていて、

 

さらに、サロンオーナーとなったことで、自分の成し遂げたい環境作りに没頭できたことも

 

加速できた理由だと思います。

 

 

最後に。環境を整えたら、さらに磨いてくれるのは、スタッフに他ならない

 

僕は、働きやすい環境作りをとことん推し進めてきて、

 

ある限界に気付きました。

 

それは、

人間関係です。

 

ですが、この人間関係に目を背けると、あっという間に組織が崩壊していきます。

 

ありがたいことに、今、うちのmelt-groupの人間関係が良いのは、

 

そこに在籍するスタッフが互いを思い、尊重し合って働いてくれているからであり、

そこには感謝しかありません。

 

 

僕が美容師になりたい。と思ったきっかけが、

まさか、サロンオーナーになって、こんなにも加速していくのか、とは、思いもよりませんでした。

 

 

今後も新しいメンバーが加入していくとは思いますが、

 

美容師になりたいと思ったきっかけは、自らの行動の指針にして頂き、

 

会社としてもそれを全力でバックアップしていきたいなぁ。と思っています。

 

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。