入社1ヶ月での離職

 

今回は、新卒入社や中途入社でのアシスタントについて、

テーマを絞って、

 

『なぜ、入社1ヶ月でこれ程までに、美容師の離職が多いのか。』

 

それを、今回、書いてみようと思います。

 

 

誰しも期待に胸を膨らませて入社してくる。

 

サロンを選ぶ際に、ほとんどの方が厳しい面接を経て、

希望のサロンに就職をしていると思います。

 

※今回のブログでは、サロン選びに妥協してしまった方に関しては、触れておりませんので、ご了承ください。

 

なので、内定が決まれば、もちろん嬉しいですし、

入社日は、ワクワク、ドキドキで、期待に胸を躍らせて出勤してくるでしょう

 

 

期待とともに現れる『不安』

 

そして、もう一つ、入社時に襲ってくるのが不安です。

 

『本当にここで上手くやっていけるのかな?』

『緊張は多分する。でも、それでも、お客様としっかり向き合えるかな?』

 

 

など様々な不安が込み上げてきます。

 

ですが、そういった不安は、あって当たり前であり、

それを乗り越える為に色々と、

吸収しようとする姿勢が生まれてくるのだと思います。

 

 

『私は、美容師に向いてないのでは?』

 

よく、入社してすぐの離職理由に、これが出てくると思いますが、

 

こちら、正直、誰も答えを出せません。

 

これは、単純に

美容師として、自分の期待値が高く

そして、現実として起こり得る様々な、『上手くいかないこと=不安感』が優ってしまった為に。

 

このような決断になることも、多々あるのだと思います。

 

 

離職を決断する前に、今、不足しているものに目を向けてみる。

 

離職を検討するのは、簡単ですが、

 

入社までの期待や不安に対して、

現実では、出来ないことも最初は、特に多くあります。

 

それを抱え込みすぎることで、

 

『やっぱり、美容師に向いていないのではないか』

=以前から抱えていた『不安』と一致

 

の様な思考回路となってしまいやすいです。

 

 

不安は、どんなときにでも、様々な状況で出るものなので、

 

まずは、目の前のことに全力で取り組んでみる。

 

・覚えた技術でお客様に精一杯向き合ってみる

・今、自分が出来ることを最大限活かしてみる

 

そういった前向きな思考で、より、今が楽しくなるのではないかなぁ、と思いました。

 

 

最後は、マインド面になってしまいましたが、

 

伝えたかったのは、

 

美容師(新しいサロンに入社する)になる期待値を上げるなら、

それに比例して、不安は襲ってくるもの

 

だから、

不安は、ある程度、受け止めつつ、

『今は、目の前のことだけに集中してはどうでしょう?』

 

という内容でした。

 

まだまだ、美容師の離職理由は、様々とありますが、

 

不安による離職は、自ずと、自分自身との向き合い方で改善できることもあるので、

 

ぜひ、離職を検討している方は、思考の切り替えを試してみてほしいです。

 

noburu tada
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京・吉祥寺・【melt / emis / cofy / lamie】の4店舗の代表をしています。《スタッフの生活水準の向上》《質の良い働き方の実現》を大切に運営しています。興味のある美容師さん、美容学生さん、お気軽にご連絡ください。